アレックス・ダッジ | Alex Dodge
「Remote Working」

終了しました。 It has ended.
alexdodge_remoteworking

詳細

開催日時/会場
Date/Venue

展覧会名:アレックス・ダッジ「Remote Working」
会期  :2021年8月14日(土) - 9月5日(日) 会期中の金・土・日のみオープン
会場  :FARO Kagurazaka 東京都新宿区袋町5-1 FARO神楽坂1F[Google MAP

営業日 :8月14日(土)、15日(日)、20日(金)、21日(土)、22日(日)、27日(金)、28 日(土)、29日(日)
     9月03日(金)、04日(土)、05日(日)
営業時間:13:00-19:00
  
※上記日程以外にアポイント制でご覧いただけます。
info@makifinearts.com または、contact@smalltokyo.jp までお問い合わせください。
  

費用

定員

主催

申し込み

詳細

FARO Kagurazakaでは8月14日(土)より9月5日(日)まで、アレックス・ダッジ「Remote Working」を開催いたします。 新作のコラージュ作品・5作品を展示いたします。是非ご高覧ください。


「Remote Working」について

COVID-19によるパンデミックにより、多くの人々に「リモート・ワーク」というスタイルが浸透しました。
しかし、アレックス・ダッジによれば、多くのアーティストたちがアトリエに籠りながら一人で制作しており、いわば「リモート・ワーク」そのものが、日常化されたものだと言います。
新作「Remote Working」は、そのようなアイデアから生まれ、ユーモアを交えながら、遊び心を具現化したコラージュ作品です。家の中にある身近なものを題材として、主にキッチン周りのもの、例えばコーヒーカップやスプーン、さまざまなフルーツ(主にバナナ)や野菜がモチーフとして登場し、鮮やかな色彩で軽やかに構成されています。木材に、いいかげんに打ちつけられた釘がユーモアを感じさせますが、時おり登場するスカルや骨のイメージが、パンデミックの不穏な空気感が思い起こされます。このような状況だからこそ、遊び心を失ってはならない、というメッセージを込めながら、軽やかな日常を表現しています。

企画:Maki Fine Arts [PDF]
    

問い合わせ先
Contact

展覧会に関するお問い合わせ
Maki Fine Arts info@makifinearts.com

同時開催

展覧会名: Beyond AI - FARO Collection  アルフレッド・ジャー、ライアン・ガンダー、JODI
会期: 2021年8月14日(土) - 9月5日(日)
会場: Maki Fine Arts 東京都新宿区西五軒町5-1 エーワビル1F Tel. 03-5579-2086 Email. info@makifinearts.com
営業時間: 水曜 - 土曜 12:00-19:00 / 日曜 12:00-17:00
定休日: 月曜・火曜
協力: SCAI THE BATHHOUSE、TARO NASU、Takuro Someya Contemporary Art、Upstream Gallery  [展覧会詳細]

アレックス・ダッジ | Alex Dodge

1977年アメリカ合衆国コロラド州デンバー生まれ、現在ブルックリン(ニューヨーク)と東京を拠点に活動している。
近年の主な展示に、個展(2020年/Klaus von Nichtssagend)、個展「情報のトラウマ」(2019年/Maki Fine Arts)、「Programmed: Rules,Codes, and Choreographies in Art, 1965-2018」(2018-19年/ホイットニー美術館)、個展「Whisper in My Ear and Tell Me Softly」(2018年/Klaus von Nichtssagend Gallery)など。
ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館などに作品が収蔵されている。

[運営] FARO運営事務局(株式会社スモールトーキョー)

107-0062 東京都港区南青山 2-15-5 FARO青山 [地図を見る]

TEL: 03-5772-3653

[電話受付時間] 平日 9:00 - 18:00